光触媒ならペットの臭いを分解消臭!おしっこのニオイにも

光触媒は光を吸収すると化学反応が起こり、接触している有機物を分解することができます。

対象となる有機物とはニオイの物質や有害物質、汚れなどを分解し、ウイルスや菌などを不活性化することができます。

しかも、光触媒は光を浴びて反応しても減ったり、なくなってしまったりすることがないので原理的には半永久的に効果を発揮し続けることができます。

 

酸化チタン

光触媒として優れており、最も活用されているのは二酸化チタンという物質です。

見た目は白い粉で、酸化チタンと呼ばれています。

 

分解力がある

酸化チタンは光を吸収すると2つの活性酸素を発生させます。

  • スーパーオキサイドアニオン
  • ヒドロキシルラジカル(水酸化ラジカル)

活性酸素は強力な酸化分解作用を持っているので、接触した有機物の化学結合を破壊して水と二酸化炭素にまで分解してしまいます。

 

消臭効果

酸化チタンは接触するニオイの原因物質を吸着して分解してしまうことができます。

  • タバコ
  • カビ臭
  • 靴のニオイ
  • ペット臭
  • おしっこ臭

他にもたくさんありますが、臭いと感じるニオイの多くは有機物なので様々なニオイを分解してくれます。

 

有害物質の分解、除去効果

壁紙や建材、家具など塗装や接着剤などから揮発する有害物質はホームシックなどの原因とされています。

酸化チタンはこういった分解しにくい有機化学物質も分解することができます。

光だけが必要で分解後に毒性のあるものも残ったりしません、

 

抗菌効果

光触媒によって生み出される活性酸素は細菌やカビなどの真菌、ウイルスなどのタンパク質を酸化分解することができるので抗菌作用があります。

これらは完全に水と二酸化炭素にまで分解はできませんが、不活性化することができるので増殖したり、胞子から繁殖が広がることもありません。

 

相乗効果

また、細菌やカビなどの微生物は汚れなどを栄養にしていますが、光触媒は接触した汚れも分解してくれるので、この点も増殖を抑える働きのひとつと言えます。

さらに死んだ微生物やその毒素も分解してしまうので抗菌剤とはそのあたりが根本的に違います。

 

 

酸化チタンの苦手な部分

光触媒は強力な酸化力で有機物を分解する力があり、しかも半永久的に効果がありますが、そういったそういった作用を引きだすための条件があります。

 

紫外線が必要

酸化チタンが光触媒として作用するには紫外線が必要です。

蛍光灯はわずかに紫外線を照射していますが、最近では照明もLEDに変わってきています。

そのため、室内の光やUVカットガラスだと機能しません。

 

可視光反応型光触媒

最近では紫外線でなくとも、室内の光のような弱いものでも反応が起こるように加工されたものが登場しています。

 

メリットでもある

酸化チタン自体は紫外線がないと作用は起こらないは最大の弱点ですが、逆にいえば吸い込んでしまったり、食べてしまった場合でも光が当たらないので体への悪影響がありません。

そういった意味では安全性はとても高い物質です。

 

分解速度が遅い

触れた瞬間にすぐ分解されるというわけではなく、少し時間が必要です。

ニオイ物質などは分解が早いですが、菌やウイルスなどは防御膜の分解から内側に行くまでも時間がかかるので分解してしまうまで時間が必要です。

 

素材も侵食?

光触媒は触れているものは酸化分解してしまいますが、これは汚れやニオイなどだけではなく吹きかけた物質やプラスチックに混ぜた場合でもその土台にも影響を与えます。

カーテンなどにスプレーしたらニオイを分解してくれますが、カーテンも酸化の影響を受けるので通常よりも早く劣化することになります。

現在では酸化チタンを他の素材と合体させたり、コーティング剤を使うなど酸化チタンの弱点をカバーするような技術が生まれています。

 

置き物型

置き物に対して酸化チタンを塗布したモノ。

太陽の光が当たるような場所に置けば半永久的に消臭してくれるだろう。

電気も必要ないメンテナンス不要のとてもエコな商品。

 

CUBEO キュベオ


サイコロ状の白雲陶器という焼き物に「多機能光触媒チタセラン」塗装がされている四角い消臭置き物です。

酸化チタンを含んだコーティング剤で車や建物の塗装として施工する業者さんがいるしっかりしたものです。

特徴は太陽の光が当たらないような室内に置いても、蛍光灯やLEDといった光でも光触媒が反応する加工がされています。

光触媒は減らないので何度でも分解消臭をしてくれるので、キューブがお部屋のニオイや菌などと接触することで分解してくれます。

 

ポイント

白雲陶器

石灰が多く空気を多く含んだ軽い焼き物です。

普通の陶器よりも強度が弱いので落としたりしないようにしたい。

釉薬の付いていない部分は水を吸いやすく、汚れが付きやすくてそのうえ落ちにくい。

 

スプレータイプ

色々なところに使えるので、使い方次第で様々な場所に活用できます。

微粒子の粉末が入っているのでスプレーする場所や物はあらかじめ考えて使おう。

 

リミコートプラス

内容量300ml
光触媒チタンアパタイト
(酸化チタン)

人工骨に使われるカルシウムヒドロキシアパタイトと酸化チタンを合体させたチタンアパタイトを使った光触媒スプレー。

酸化チタン自体には吸着性はないが、チタンアパタイトは表面に菌やニオイなんかがくっつく、そのため光が当たっていないときでも逃がさない。

室内光でも作用するし、さらに光触媒としては酸化チタンの2倍の分解力がある。

 

created by Rinker
RimiCoat plus リミコートプラス
¥2,580 (2022/09/27 22:09:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

ドクターオウノ

内容量200ml
光触媒可視光応答型酸化チタンナノ素材

九州工業大学の横野教授が開発に携わっているのでこの名前のようです。

太陽の光だけじゃなく、弱い室内光でも高性能の反応を酸化チタンが開発されてました。

伸縮性のある特殊な樹脂と混ざっており、スプレーするだけでしっかりコーティングされます。

 

スプレーしてから乾燥するまで待つ必要がありますが、落ちてしまいにくい点が良いですね。

強くこすったり、洗剤で洗い落とさなければ効果が持続し続けるのが魅力ですね。

 

 

ルネキャット

内容量180g
光触媒酸化タングステン

他の商品と違い酸化タングステンを使っている。

酸化チタンも現在では加工が施されて、室内の光のような弱い光でも光触媒としての反応は見られるが、酸化タングステンはその約7倍ほど酸化分解活性が高い。

特に室内向きと言えるでしょう。

created by Rinker
東芝マテリアル(TOSHIBA MATERIALS)
¥1,673 (2022/09/28 14:34:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

空気清浄機タイプ

光触媒を利用した除菌と消臭が得意な設置型の清浄器です。

光触媒に触れてこそ反応が起こるのでこういった空気清浄機タイプが最も光触媒の効果を活かせるんじゃないでしょうか?

ホコリや細菌、花粉などをフィルターでキャッチするといった構造ではなく、ファンで外気を吸い込んで光触媒で分解するシンプルな構造なので、イオンやオゾンなど空気中に飛ばしたりしません。

 

吸い込み口にホコリフィルターが付いているのでときどき掃除する必要はありますが、光触媒は基本的にメンテナンスがいらず、消耗品が必要ないので初期費用だけであとはお金がかかりません。

光触媒なので消臭や有害物質の分解が最も得意です。

 

AIRbox 【YFLife】

サイズ約72.3×72.3×52mm
重 さ120g
電 源USB Type-C
付属品マグネットマウント

USBケーブル

光触媒とUV LEDが内蔵されているので、光触媒の力で分解してくれます。

どこにでも設置できて小さくて軽く、音も静かです。

かなり使い勝手はいいんじゃないでしょうか?

created by Rinker
YFLife
¥12,160 (2022/09/28 14:34:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

FUJICO Blue Deo 空気消臭除菌装置

空気清浄機に光触媒フィルターもプラスした空気清浄機。

ホコリや微粒子などはフィルターで処理され、通過したニオイ成分やガスなどを光触媒で分解してくれます。

今までの空気清浄機の強化版と言えるんじゃないでしょうか? 

 

 

ターンド・ケイ 壁掛タイプ【カルテック】

空気清浄器タイプの脱臭器です。

カビや菌などをキャッチするための高性能フィルターを使わずに光触媒のシートが芝生の様に立体になった状態になっているので表面積が大きくキャッチしやすい。

LEDランプによって光触媒に付着した有機物を分解するといったもの。

ファンについているホコリフィルターは簡易なモノなので、掃除機でたまに掃除は必要です。

光触媒の板もたまにつけ置き洗いをして乾かす必要があるが、フィルターを交換とかしなくてもずっと使えるので経済的。

 

 

QAIS クワイスエアー 空間除菌消臭器【サンスター】

デザインがとってもおしゃれで消臭器とは気づかれないんじゃないでしょうか?

カラーバリエーションも豊富なのでお部屋の色に合わせることも可能です。

 

メッシュ状になった酸化チタンの板に紫外線ランプを当てているので常時反応させることができる。

そこにファンで空気を通り抜けさせることで、菌やニオイ物質を分解することができます。

 

また、紫外線-LED採用なので省エネなので、基本ずっとつけっぱなしがおすすめのようです。

LEDは長寿命なので助かりますね。

必要なのは吸い込み口のホコリをお掃除するくらい。

 

-便利グッズ
-

© 2022 ぽちとーく