マルチーズは可愛いだけじゃない!その魅力と相性の良い飼い主

マルチーズは純白で柔らかな被毛の美しさと黒い瞳、黒い鼻が愛らしい小型犬です。

美しさと誰とでも愛想よく振り舞ってくれる性格を持つため人気の犬種です。

物覚えも良く、しつけやルールを覚えるのも早いため手がかかりません。
お年寄りや一人暮らしにも向いていて愛玩犬といえる犬でしょう。

 

マルチーズの歴史

マルタ島:現在はマルタ共和国
EU加盟国のミニ国家

世界最古の愛玩犬と言われその歴史は、古く紀元前1500年頃と考えられています。

元々はアジアにいた犬種ですが、海洋貿易で名をはせていたフェニキア人によってイタリアのマルタ島に持ち込まれました。

マルタ島に出入りする船の乗組員たちに可愛がられ、各地へと広がっていきました。

 

マルタ島とは

中世の神殿遺跡がそこらじゅうに見られる観光が盛んな島です。
青の洞窟などが有名です。

 

当時は貿易が活発だったため、シシリア島を経て地中海を中心に広がっていきました。
その勢いは、ルネッサンスの頃には、全ヨーロッパの上流階級の元へと達したと言われています。

やがてマルタ島がイギリス領となり、英国王室に献上され王室や貴族の間にも広がっていきました。

 

19世紀末には、純白で絹のような長い毛が美しいマルチーズをビクトリア女王も愛したことから、国民の間にも大流行しました。

 

マルチーズという英語名は、訳すると「マルタ出身」という意味になります。
しかし実際には、マルチーズはマルタの犬ではない。

 

特徴

  • 体高20〜25cm程度
  • 体重は2.5〜3.2kgが理想とされる
  • 平均寿命は15年ほど
  • 被毛は純白のシングルコート

見た目の愛らしさ、清潔さ、飼いやすい性格の小型犬です。

日本をはじめ世界でも人気があります。
日本では特に1960年代から15-20年間に大ブームがありました。

 

 

マルチーズの魅力

aco*さん(@sugar_happyfocus)がシェアした投稿 -

毛質は絹糸のようで非常に柔らかく、光沢があります。
伸ばすと四肢を隠すぐらい長くなる。

ぬいぐるみのような愛らしさが最大の魅力ですが、他にも人気となる秘密が隠されています。

 

支持される理由がある

  • 神経質な性格
  • 落つきがない

愛玩犬にみられがちな傾向が抑えられているのは大きなポイントでしょう。

そのうえで、おっとりとしていて、抜け毛や体臭も少ないということも、飼いやすさにつながっており世界中で支持されている理由でしょう。

 

しつけがしやすい

頭が良いので物覚えが早くて助かります。

ルールを簡単に覚えてくれるため、手のかからない室内犬です。

小型犬としては落ち着いていて、しつけがしやすく、トイレなどで苦労することがありません。

 

性格が良い

マルチーズは知的で人懐っこく、甘え好きな性格を持っている。

小さな体格のわりに活発で、飼い主さんと遊ぶのが大好きです。

誰にでもよくなつき、 特に飼い主にはぴったりくっついて離れません。

また、気難しさがなく朗らかな性格で、新しい環境に来てもその適応力でなじむことができます。

 

相性の良い人

マルチーズとの相性の良い人というのがあります。

甘え好きな性格を愛して、こまめに相手になってあげられる人が向いている。

犬の初心者にも向いており、甘えん坊のわりにはイタズラが少なく、忍耐強さがあって留守番ができる犬なので、一人暮らしの飼い主にも適している。

 

 

 

育て方

真っ白で可愛い見た目に惑わされず、決して過保護に扱うべきではなく、元気に育ててあげる犬種です。

かわいいからといって甘やかしていると、賢い分だけ調子に乗ってわがままな犬になってしまいます。

子犬のときに「良いことと悪いこと」の区別ができるようにしつければ、手をやかすことはほとんどありません。

 

運動

運動はほどほどで大丈夫なほうで、室内だけでも良いですが、やはり散歩に連れ出してあげるとストレスの解消につながります。

1日1回の散歩でオッケーです。

抱かれることも好きで、昔からアニマルセラピーで癒やし効果を発揮していたようですが、散歩の際には歩かせてあげてください。

 

 

マルチーズの問題点

どんな犬種もパーフェクトな犬など存在しません。
愛らしいマルチーズにも欠点が存在します。

気になる点は、たまに気が強い一面もあり、警戒心が強くて、無駄吠えも多い犬種と言えます。
子どもなどに咬みつく傾向があることがあげられます。

甘やかしすぎないように、しつけをすることでカバーすることが可能です。

 

被毛のお手入れ

生後8ヵ月ごろに子犬の毛から成犬の毛へ生えかわります。

この時期は毛がもつれるので、毎日ブラッシングを入念にしてください。
生えかわると抜け毛に悩まされることはありません。

 

成犬の被毛は長く伸びつづけます。
長い被毛は汚れたり、毛玉ができやすいので短めにトリミングすると良いでしょう。

トリミングは顔の輪郭に沿ってカットすると丸い顔が引き立ちます。

また、毛が長いので、食事や便などで汚れが付きやすいため

  • くちひげ
  • 肛門のまわり

などの毛を、常に清潔にしてあげる必要があります。

 

飼いやすい犬ですが、ショードッグのようなフルコートを目指すのであれば、入念なグルーミングが必要となってきます。

 

月に2~3回はシャンプーし、肛門の下から指で分泌液を絞り出します。

 

目元のお手入れ

涙やけがよく見られます。

涙やけは涙があふれて、まわりの毛が茶色や黒に変色してしまった状態です。
目に周囲の白い毛が変色してしまうのは見た目にも良くありません。

また、常に濡れた状態は細菌が繁殖しやすく、皮膚病の原因となります。

まぶたの周囲の毛を薄いホウ酸水などでこまめに拭いてあげると良いでしょう。

 

ホウ酸水の作り方

ホウ酸とは、日本薬局方で定められている医薬品で、薬局で簡単に入手することができます。

ゴキブリ団子なんかに使われる成分で、殺菌、殺虫作用がある成分です。

腎臓を持たない昆虫などには有害ですが、哺乳類は腎臓で処理されて尿として出ていくので問題ありません。

一般的には、コンタクトレンズの保存液などに使われる。
これで涙やけのお手入れ溶液を作りましょう。

 

1%ホウ酸水溶液

1.ホウ酸水を購入する

2.お湯に溶かす
150ccのお湯に3g溶かす

3.容器に入れて完成

作り方はホウ酸のパッケージにも書いてある場合も

 

子犬の選び方

マルチーズを飼うと決まったら子犬選びが大切です。

はじめに良い犬を選ぶことで、後々の苦労や悲しい思いをしないですみます。

 

絹糸のような長い毛が全身をおおうのがこの犬の魅力です。
毛の短いものやカールしているタイプは好ましくありません。

鼻は黒く、目は丸みを帯びた黒色で、眼のふちが黒い犬を選びましょう。
目の色や鼻が茶色だった場合、遺伝的にメラニン色素を作り出す力が弱い可能性があります。

マルチーズは本来、目も鼻も黒いのが正常です。

歯のかみ合わせも見ておきましょう。
特に下あごが受け口になっているものは避けましょう。

 

まとめ

マルチーズはシルクのような被毛は見た目にも美しく、抜け毛や体臭が少ないなど清潔感も感じられます。

性格はおっとりしていて、誰にでもフレンドリーで神経質な犬種ではありません。

運動量は少なくて済むほうなので、ちょっとしたスペースを利用して遊ぶのが大好きです。

そのため、年配の方や一人暮らしの人などにも適した犬です。

 

知性は高く、しつけはすぐに覚えることができて手がかかりません。

賢いので甘やかすとわがままになるため、最初のしつけだけはかなり重要と覚えましょう。

 

-小型犬

© 2022 ぽちとーく